医療レーザー脱毛のデメリット(ヤケド、肌荒れ、炎症の恐れ)

脱毛の注意点:カテゴリー

鼻下(ヒゲ)の色素沈着

鼻下に生える毛(ヒゲ)は、女性にとってすごく気になる部分ですよね。 顔だからいつも人の目にさらされているし、女でヒゲって!って、男性にもひかれる率高いですよね。 最近では男性でもヒゲに悩むくらいですからね。 自分で処理をしている方は、どんな方法をとっているのでしょう。やはり、毛抜きやカミソリが多いのではないでしょうか。 手軽ですし、簡単ですね。お金もさほどかかりません。 しかし、自分でのムダ毛処理

背中のムダ毛処理について

背中は普段さほど人目につかない部位なので、背中の脱毛にはそれほど神経質でない人が多いでしょう。 でも、夏場、水着になったり、友達と温泉に行こう~などとなった時は、自分で見ることも難しい場所なのでちょっと気がかりですね。 時間とお金のある方は、背中はエステサロンでの脱毛がいいかもしれません。 あまり高価な脱毛はできない・・・と思う方でも、銀座カラーやミュゼプラチナムといった光脱毛を導入しているサロン

スネ毛の脱毛の注意点

足は腕と同じく、露出の多いところです。 夏場に限らず、年中ムダ毛処理しなくてはならない箇所ですね。 でも、自己流での脱毛を続けていると、肌にはとっても良くないんです。 「え?いつも自己処理だけど別になんともないよ~」って思う方もいらっしゃるでしょう。 もちろん、肌トラブルも人それぞれで、どんなムダ毛処理の方法をとっていても大丈夫な方もいますね。 でも、自己処理での肌トラブルは、時間がたってから表れ

ワキの脱毛の注意点

ワキは、皮膚がとても柔らかい部分です。 自分でムダ毛処理をする場合は、肌トラブルがおきないよう、注意しなければなりませんね。 毛抜きでの処理は、肌にとってどうでしょうか? 毛抜きは、毛根から毛を抜いてしまうので、見た目にはとても綺麗です。次の毛が生えてくるまでにも時間が長いですね。 毛抜きは100円ショップでも売っていますから、数ある脱毛方法の中で一番安上がりなムダ毛処理方法と言えますね。 しかし

ビキニラインのムダ毛処理

ビキニライン(Vライン)の脱毛は、デリケートなゾーンなので、処理には注意が必要です。 毛抜きでの自己処理は毛根から毛を抜くので、見た目には綺麗で、すぐ毛がなくなり、カミソリと比べると次の毛が生えるまでの時間が長いというメリットがあります。 コストパフォーマンスもいいですね。 しかし、毛抜きでの脱毛は、皮膚を引っ張って毛を抜くので、毛穴とその周りの皮膚がプツプツと鳥肌のようになってしまうことがありま


Page: 1 < 2  次の5件>>

アリシアクリニック

銀座カラー

エステティックTBC

グランモア

フィード